資料請求
HPトップに戻る モノレール式汚泥かき寄せ機・安心防災ベッド枠A・B Q&A メールでのお問い合わせ
水環境上水・下水事業
防災 官庁・家庭 事業
津波避難タワー・災害救助道具セット
防災ベッド枠・避難シェルター・タスカルテーブル・浮き畳・タスカル帽子・バールセット
すずねちゃん・旗マシン・天ぷら油火災実験装置
フジワラネットショップ
社長プロフィール
社長ブログ
メディア 新聞、雑誌、テレビ等で紹介されました!
フジワラ産業社名
メールでのお問い合わせ 本社・関東営業所・大阪工場所在地
 
よくある質問FAQ

モノレール式採用によるメリットは?


1) 従来機のシューのような滑り摩擦部品がなく、消耗部品が少な いシンプル
  構造なので、維持管理が容易で維持管理費が大幅に縮減できます。

2) 駆動装置と1本の池底レールを据え付けるだけで、本体部品の大半を
  組立て出荷するため工期が非常に短くなります。

3) 高所作業がほとんどなく、作業の安全性が高くなります。

4) 従来機のように沈殿池側壁に主要部品がなく、地震による影響を
  受けにくくなっています。

5) スカムかき寄せ板はスカムスキマ直前まで池幅いっぱいに
  かき寄せることができます。また、汚泥かき寄せ羽根と連動しているので、
  スカムかき寄せ専用の駆動装置が不要です。

6) 池底、水面、共にかき残しが少なくなります。

モノレール式は間欠かき寄せですが、汚泥の巻き上がりや
返送汚泥など問題点はありませんか?


多羽根式の採用により、車体が低くなり、往復走行速度を終沈では0.3m/分以下、
往復走行時間を1時間以内に設定し、羽根の反転に要する時間も約50秒と、
非常にゆっくり反転させています。1枚目の羽根はピットから約9m前後の
位置よりかき寄せています。また、本装置が稼動しているI処理場様のほか数件の
処理場様で終沈の汚泥界面を測定した結果、汚泥はピットから約10m以内の地点で
ほとんど沈降していることも確認しています。前記設定、構造、内容により、
現在稼動している最終沈殿池において返送汚泥の変化などの問題点は発生していません
また、巻き上がりのないことも目視で確認しております。

従来機の更新時にモノレールを採用すると既設土木の改造が必要か?


基本的には必要ありません。
従来機は老朽化した沈殿池の更新時に沈殿池側壁の軸受け部を補強する
必要がありますが、本装置は側壁に取り付ける部品がほとんどありません。
そのため補強工事等の作業が大幅に減少します。
また、駆動装置をピット側、テール側のいずれにも設置可能です。

従来機の二階槽の池にも設置出来ますか?


1階槽と同様に短い工期で設置できます。尚、平成18年3月に終沈2階槽に
納入実績があり、現在稼動しています。

モノレール式の納入実績は?


平成5年の初納入から現在まで国内及び海外輸出を含めて約100台以上の
納入実績があり現在、日本下水道事業団様発注物件等々で終沈の機器に
ご採用いただいております。

モノレール式汚泥かき寄せ機に対する質問、疑問等あれば、ご連絡ください。

 

何トンまでの荷重に耐えれるのですか。


公的機関でAタイプは25トン(上部からの荷重)Bタイプは16トンまでの
耐圧性能を確認しています。

介護ベッドにも使用出来ますか。


ご使用頂けます。大きめの介護ベッドにも対応出来ますのでお気軽に
ご相談下さい。

納期はどのくらいかかりますか。


ご注文後、2~3週間となります。

ベッド枠Aタイプ本体の重量はどのくらいですか。


約200Kgとなります。

床が弱いのですが設置出来ますか。


床が弱い場合は、床の補強工事(別料金)を行います。補強工事が必要かは
現地調査時に確認致します。

組立設置はしてもらえますか?


基本的に組立設置は弊社又は協力会社で行います。金額は地域によって
異なりますのでお問合せお願いします。

マンションにも設置出来ますか。


安心防災ベッド枠は木造住宅の1階部分での設置をお願いしております。

本体価格以外に費用はどのくらいかかりますか。


地域によって異なりますのでお問合せ下さい。

支払方法はどうなりますか。


設置後に請求書をご提致しますので、現金又は14日以内のお振込で
お願いしております。

フジワラ産業はどういったことをしている会社ですか。


防災事業としては、津波避難タワーや災害救助道具セットなど防災機器を
多数開発納入しております。また、地震に強い上下水道施設向けの機械も
製作しており、多数実績があります。
 
 

 

フジワラ産業株式会社 〒550-0024 大阪市西区境川1-4-5 TEL 06-6586-3388 FAX 06-6586-1177
HOMEお問合せ │アクセスマップ │資料請求 │リンク │会社概要 │よくある質問  │ 社長ブログ │環境対策ブログ 社長挨拶 │
 │地球温暖化対策 │メディア │新着情報水処理製品 │防災製品